学習塾ESTEM
ESTEMからのお知らせ

爆速勉強法セミナーについて

こんにちは、ESTEMスタッフの渡辺です。

先日、NCVさんのラジオ生放送でも告知させていただきました、当塾主催の「東大卒が語る爆速勉強法」セミナーにつきましてご連絡させていただきます。

主催に至った動向

ESTEMには、役に立つ情報はどんどん外に出して共有していこうという文化があります。

地域とか日本のことを考えると、私たちが知っていることや得た知見については、それを武器に競い合うのではなく、できるだけ多くの人に役立ててもらって、地域全体として学力の底上げや面白いことをやっていく人が増えたほうが絶対に良いと考えているからです。

そこで、当塾では成績が上がらなくて悩んでいる小中学生(とその親御さん)を対象に、効率的に学力をつけるための勉強法セミナーを無料で開催することになりました。

講師は、弁護士の鈴木鷹子先生と塾長の大垣が務めます。

鈴木先生は島根の離島という進学塾もない環境から東大に合格した方で、米沢という環境でどう勉強をしたらよいか大変有意義なお話が聞けると思います。

塾長大垣は、もともとまわりから落ちこぼれ認定されていたところから独自の勉強法を考えて一年で東大に合格した体験談をもとに勉強の考え方などについてお話します。

セミナーの趣旨

まだまだ地方には学校の成績を上げておけば良い、という風潮があります。もちろん、成績が良いに越したことはありませんが、それに加えて、多様な体験を通じたことによる創造性・自主性の育成というのがこれからの時代に求められています。どうしても子供自身で勉強自体を進んでやるまでには、親御さんのサポートが必要になります。勉強しているのに成績が上がらないとか、子供が勉強をやりたがらなくて困っているとか、前者ですと勉強法がよくないのかもしれないと関連付けられますが、後者に関しては、やりたくない=嫌いに繋がってしまっているんですよね。

の原因の一つが「勉強しなさい」という言葉。日常的にこのように言われてしまうといくら小さい子でも、ストレスに感じてしまうと思います。親御さんがこのように言うのは、もちろん「勉強が大切であると知っているからです。ただ、その伝え方が良くないと考えられます。伝え方というのは言葉だけではありません。親御さん自体の行動、勉強に対する意識改革があるだけで子供の勉強に対する印象というのがガラッと変わると思います。 

例えば、自分の親が必死で勉強していたら、「あ、お母さんがやっているから自分もやろう」とか、子供に対して、自分だけがやっているというある種の孤独感を与えないことが重要だと思います。子供は勉強するものという固定観念が強すぎて、自分が勉強することを忘れてはいけないと思いますし、何歳になっても学ぶことは多々あると思います。 

このようなことから、少しでも教育に対する意識改変に繋がればと思い、今回のセミナーを開催することになりました。 

 

日時は77日(日)16時半~1815分。(16時から受付開始)
場所は米沢市の「伝国の杜」大会議室(2F)です。

参加費は無料
お申し込みはこちらのフォームからお願いします。

クリックでお申込みフォームに飛びます

好評につきまして、定員を80名に拡大させていただきました。
米沢でこのような講演を聞ける機会はほぼないと思います。

是非ご参加ください。

よろしくお願いいたします。

資料請求・無料体験 お問合せ