学習塾ESTEM
ESTEMからのお知らせ

九九の覚え方

【目次】

 

 

こんにちは
ESTEMの渡辺です。

小学校低学年で苦労する部分の1つである九九についてお話していきたいと思います。

 

授業風景

以前より、小学2年生の生徒と一緒に九九について小テストを実施したり、暗記テストという形で暗唱してもらったりいろいろなパターンで九九を覚えていく授業にも取り組んできました。

小学校でも定期的に九九のテストをしているようで、塾でも1~5,8の段は問題なくクリアしていました。しかし、6,7,9の段でのつまずきが見られたのでそこを中心に順番をランダムで出題したり、文章題として問題を解いてもらいました。

学校+塾での九九の勉強の成果もあってか、そこのつまずきもクリアしてくれた様子です。

最近の通塾でも復習のためにランダムでいくつかの段数の小テストを実施していますが、だいぶ慣れてきたこともあり満点を取ってくれています!

 

覚えやすい段

1~9の段の中でも易しいと言われる段は「2の段」「5の段」です。

「2の段」は2ずつ増えますが、桁数がすぐに増えることもなく、パターンとリズムの感覚がつかみやすいためイメージしやすいです。

「5の段」は5ずつ増えていきます。5,10,15,20…というように答えの一の位が5,0の繰り返しということもあり、真っ先に覚えられてしまう段ではないでしょうか。

 

つまずきやすい段

この生徒が今回つまずいたように、小学2年生の九九でつまずく人は多いです。

特に「7の段」でのつまずきが多いという結果を聞いたことがあります。

それはなぜか?1番考えられる理由として、“しち”  と発音するからだと思います。

しち”  って言いにくいですよね?

私たちも普段生活している中で  “しち”  という言葉を発音することってそうそうないと思います。

子供にとってはなおさら。

大人も子供も  “7”  のことは多くの人が  “なな”  と発音しています。

そのため、普段使っていない表現の“しち”で発音していく「7の段」が言いにくく感じてしまい、そこから九九やかけ算に対して苦手意識を持ってしまう傾向があるのではないでしょうか。

もともと「7」という数字はイメージしにくい数字でもあります。2や3などは、すぐにイメージできるし、それが何個分というのもイメージとして出やすい。例えば、おはじきが2個ずつ、3つのかたまりがある、つまり2×3ですね。これも、頭に光景が浮かびやすい。でも7という数字は、なかなか浮かばないんです。

7が1桁の中で最も大きな素数」であることも影響しているという説もあります。

また、「6の段」「8の段」という比較的わかりやすい段に挟まれていることも混乱を招いてしまう部分に関わっていそうですね。

「7の段」を覚えるには?

それでは7の段を間違えやすい人はどう考えればいいでしょうか。

あまり考えることはないかもしれませんが、「7の段」は「2の段」と「5の段」を足した答えになります。7×9は分解すると、【2×9+5×9】となります。また、他の例を挙げると【2×6+5×6=42】となり、42は7×6を表しています。

このようなことを理解していると、たとえ忘れてしまっても答えは出せますし、イメージの部分でいえば理解の幅が広がるのではないでしょうか。

 

まとめ

九九を覚えていくには、なんといっても繰り返し読んだり、問題をランダムに解いたりなどいろいろなパターンに触れることが非常に大切です。九九でつまずかないためにも普段から家庭学習の習慣も身に着けておけるとなおスムーズに理解できると思います。

また、7の段でつまずいている方は、基本に立ち戻り、「2の段」と「5の段」を使った考え方も利用するのをお勧めします。最初に覚えやすいこれら2つの段に合わせて、「7の段」についても触れてしまうと抵抗感も減るように感じます。

つまずいても恥ずかしがらずに、基本に戻って固めていきましょう!

資料請求・無料体験 お問合せ