学習塾ESTEM
ESTEMからのお知らせ

シンギュラリティとの共生

皆さんは”シンギュラリティ(技術的特異点)”という言葉をご存知でしょうか。別名、2045年問題、「AI(人工知能)が人間の脳を超える地点」としてカーツワイル氏によって提唱されています。

地球が誕生してから約137億年。
そこに人類が誕生し、あらゆるものが発見、発明、開発され、偶然にも私たちは今の時代を生きています。

カーツワイル氏が唱えるシンギュラリティが現実となったとき、一体何が起こるのか。それは現存している職業の名前と形が変わり、人間はどのようにして生きていけばいいのか、=生き方を重視される世の中になると言われています。

「AIが人間の脳を超える地点」、これを大きく言い換えると、人間はAIに仕事を奪われ、失業者数が増え、支配されて生きていく、、、そうなってしまうのではないか。

シンギュラリティは怖いもの?

答えはNOです。 様々な情報が錯綜する中で、どんどん違う形で情報が広まっていってしまっているだけであり、本来の意味とは異なります。

元々の意味は、人類の進化曲線が無限大になるポイントを指す言葉、つまり、AIは人間を超えるというよりも「AIは人間と合体する事で、新たな進化をする」というイメージですね。

激動の時代である今、あらゆるものがどんどん生み出されている中、ここに人工知能が本格導入されたらどういう化学反応を起こすのか、楽しみですね。

シンギュラリティを唱えたカーツワイル氏でさえも2045年を迎えた際、どういう世の中になっているのか分からない 。何がなくなり、何が存在するのか、私たちがどう生きているのか、これらを明言することはできないと思います。

今後の展望

シンギュラリティの前段階で起こるとされるプレ・シンギュラリティ(前特異点あるいは社会的特異点)があるように、約5年後には技術だけでなく社会的な変化も顕在化してきます。激動の時代を生きる私たち。いずれ訪れるシンギュラリティと上手に共生していくことが求められます。

学習塾ESTEMができることは、これまであったしきたりに従ったり、与えられたものだけをやるのではなく、 当塾の名前の由来にもなったSTEM教育を推進し、自分の学んだ知識を応用的に考え、実際に形にしたり、疑問をとことん研究追及する力…etc。その人個人個人の独創性、創造性を伸ばし、社会で求められる成績を向上するお手伝いを全力でさせていただきます。

無料体験見学は随時募集中です。お気軽にご連絡ください。

(塾講師:渡辺)

資料請求・無料体験 お問合せ