学習塾ESTEM
ESTEMからのお知らせ

レトロゲームはいかが?

ESTEMの授業は、
iPadを使ったタブレット学習がメインとなります。

学習の合間には休憩時間を設け、生徒の視力を守ったり、頭をリフレッシュさせるように配慮をしています。

そこで時々、講師が企画を持ち込んで生徒の知的好奇心を刺激しようとアプローチをします。

この日は、昔のゲーム機を分解して、新品のパーツに付け替えるという体験をしました。

ゲームボーイアドバンスという携帯ゲーム機をご存知でしょうか。
23歳の私が小学生の頃、最もハマった任天堂のゲーム機です。

しかし、今の小学生たちは触ったことも見たこともないようです。
「電源はどこだ?」とか「ソフトはどう挿し込むの?」だとか、
もっと複雑なゲーム機を知っているであろうに戸惑っているようでした。

ゲームソフトのボリューム・映像のきれいさをとれば、昔のゲームは今のゲームに敵いっこないですが、
昔のゲームは今のゲームより断然分解しやすい、仕組みを理解しやすいです。

ゲームはコントローラーを握って遊ぶことだけが楽しみではありません。
その点、今のゲーム機はブラックボックス化がすごいですよね?

みなさんもこの週末に、あの頃の思い出の品を引っ張り出してきて、子供とお話してみるのはいかがですか?
世代間のギャップから気づきもあると思いますよ!

資料請求・無料体験 お問合せ