学習塾ESTEM
ESTEMからのお知らせ

「なんでだろう?」が私の先生

「なんでだろう?」


という言葉を聞いて、皆さんはどんな言葉を連想しますか?

「子供っぽい」「純粋」「好奇心」
私はそんな言葉をイメージしました。
共感をしてくれる方もいるのではないでしょうか?


子供っぽい…とは言うものの
よくよく考えてみると「なんでだろう?」に年齢なんて関係ありません

赤ん坊が好奇心から手当たり次第にモノを口に入れてしまうこと、と
イーロン・マスクがスペースXで火星植民計画を目指すこと、の間には
本質的な違いはないと思っています。

それは、どちらも人間が生きていくため、
より便利な世の中にするためのものであるからです。

コドモなオトナ、ふえたらハッピー

社会への貢献度で言うならば、むしろ知識や技術を持った大人こそが「なんでだろう?」のマインドを持つべきではないでしょうか?

携帯電話に、インターネットショッピングなど。
今は当たり前でも、昔は夢みたいな道具がこれからもたくさん生まれたら…
そう考えたらなんだかワクワクしてきませんか?

こどもたちが手に持っているものはなんですか?

突然ですが、学校の授業風景を想像してみてください。
こどもたちが手に持っているものはなんですか?
手に持っているもので、何に取り組んでいますか?

もしも、子供が鉛筆をにぎっていて、
黒板の文字をノートに写しているのなら、
そこに「なんでだろう?」はあるでしょうか?

大人になるまで、宇宙にあこがれるこどもは生まれるでしょうか?

学校がこどもに鉛筆を持たせるなら、
ESTEMはこどもにタブレットを持たせます。

こどもたちは思い思いにプログラミングしてみたり、写真をとってみたり。
それがゲームを作りたいのか、昆虫の生態を知りたいのか。
目的は定かではありませんが、“目”は生き生きとしています。

「なんでだろう?」を生み出す好奇心は先生のようなものです。
「なんでだろう?」と繰り返し自問するこどもは、寝ている時間以外は先生とつきっきりですから、成長のスピードは言うまでもありません。

実は、学習塾ESTEMでは生徒がナンデダロウ先生を見つけるサポートまでしています。
ナンデダロウ先生はとても恥ずかしがり屋な面もあるので、初めは会えないかもしれません。でも、何度も声をかけてあげるときっと振り向いてくれます。

まずはきっかけづくりから。
ESTEMでは無料体験生を募集しております。是非お気軽にお越しください。

(塾講師 中山)

資料請求・無料体験 お問合せ