学習塾ESTEM
ESTEMからのお知らせ

続.PDCAサイクルが回らないワケ

2日続けて、PDCAについて投稿させて頂きます。
スタッフの中山です。

昨日の投稿では私が、
本から学んだ新しいPDCAサイクルの形についてお話をさせてもらいました。

その中で、
①数値目標を立てること
②ちっぽけな目的でも数多く渦巻いたサイクルを回す

ことが大事だと書きました。

あれから、ちっぽけな目的でもいいから、数字として目標を立てやすいものは何かないのか…?

と広いインターネットの中をさまよっていました。


するとこんなサイトを見つけました。

数値目標で短期間で回せる最強ツール

日本速脳速読協会の
「読書速度ハカルくん」
!です。


目的もタイトルもシンプルストレートなこのサイトはまさに私が探していたもの。


サンプル文章をすべて読み切るまでのタイムを計って、速読力を見える化します。


実際に私も計測してみました。
本は中学のころからそれなりに読んできたつもりだったので、平均は越えたい!
と思っていたのですが、心外な結果に….。







低い評価でしたが、ショックを和らげてくれるセンスあるネーミングで「タートル級」を拝命しました。


むしろ伸ばしがいがあるということで、まずは目標としてあげられがちな読書力というところから、PDCAサイクルを回していきたいと思います。


みなさんもぜひ自分の読書力を測ってみて下さい。
お子さんの年齢に合わせたサンプル文章が用意されているので、年齢問わず計測して頂けます

****************************************************
紹介させていただいた
日本速脳速読協会の「読書速度ハカルくん」
https://www.sokunousokudoku.net/hakarukun/

資料請求・無料体験 お問合せ