学習塾ESTEM
ESTEMからのお知らせ

3Dモデリングやってみた

スタッフの中山です。
丸一日時間をとれたので、何か新しいことに挑戦してみたいと思いました。

そこで3Dモデリングに挑戦してみることにしました!

3Dモデリングとは?

フィギュアやチェスの駒のような立体物の設計図を作ることを3Dモデリングと呼びます。

似たようなものに3DCADと呼ばれるものがありますが、これは用途が異なります。

3DCADはねじなどの工業パーツを設計するために用いられます。

対して3Dモデリングはゲームや映画などのアニメーションでも用いられたりしますね。

ねじなどの工業製品は寸法に誤りがあると大変ですから、これら寸法の管理も厳密に行われます。

3Dモデリングはそこまで厳密に寸法を気にすることはありませんね。

簡単3Dモデリングソフト「Blender」

今は、無料で高機能な3Dモデリングソフトウェアが簡単に手に入ります。

その中の1つにBlenderと呼ばれるソフトがあります。

3Dモデリングとして用いられることが多い印象のBlenderですが、
3DCADとしても使うことができるみたいです!便利!

そして、プログラミング言語pythonの使い手としては、
これと組み合わせることで、物理シミュレーションを行うこともできるみたいです。早くBlenderを使いこなしてやってみたい!

さっそくモデリングしてみた

さっそく、私もBlenderをインストールして、
一日勉強してみました。

Blenderの初期設定から、サンプルモデリングまで、動画で丁寧に紹介してくれる便利な動画サイトもあるので、

たったの3時間ほどで画像の観葉植物のモデリングに成功しました!

動画をさらに進めると、モデルの見た目を変えて、より観葉植物らしくできるみたいです。
この記事の編集中、日付が変わりましたがまだまだ頑張ります!

これからやってみたいこと

実際に3Dモデリングを勉強してみて、
Blenderを使えるようになることでできることが思った以上にありました。

pythonと組み合わせて物理シミュレーションをする

ちょうど大学の研究で炎を取り扱っているので、Blenderで表現できたらおもしろいなと思いました。

家の設計をして、3Dプリントしてみる

昔、建築士に憧れていたので、その夢がBlenderで実現できちゃうかもしれません。
自分が将来住んでみたい夢の家を設計したあと、3Dプリンターでフィギュアにしてみたいです。それを枕の下にしいて……いい夢がみれそう!

チェスの駒を自作して、ESTEMのみんなと遊ぶ

やはりモデリングをして、プリントしたものを誰かに使って喜んでほしいなと思います。
チェスの駒なんて、まさに3Dモデリングにはもってこいの形をしていますし、
近くの完成も目指せそう!
まずはこれを目標にblenderの勉強を続けていきたいと思います。

とにかく創造の幅の広がる3Dモデリング

ぱっと思いつくだけでも楽しみ方がたくさんある3Dモデリングは、お子さんにもぜひトライしてもらいたいと思います。

そのためにもまずは私が習得しなければ!
新しく3Dモデリングの学習コースが立ち上がることを楽しみにお待ちください!

資料請求・無料体験 お問合せ